お料理完成です!~モーツァルト ホルン協奏曲第1番ニ長調 K.412

 やっと,社会保険労務士試験の興奮も冷めてきて,音楽でも聞こうかな,という気になってきました。

 昨日(…いや一昨日か)のこと,子供と晩の料理を作り,皿に盛りつけたら

 「お料理,完成です!」と言った後に,音楽を口ずさみ始めました。わが子がモーツァルトを口ずさむなんて!と,馬鹿親丸出しの私でしたが,おそらく学校かテレビなんだろうな,と思ったら,案の定。芸能人が1万円で1カ月生活するという企画の番組のBGMとして使われているものでした(恥ずかしながら,テレビはほとんど見ない「主義」なので,この番組をほとんど見たことがないのです)。

 このCDは持っていませんでしたので,近所の図書館へ会社帰りに寄り,借りてきました。が…。

 モーツァルト ホルン協奏曲全集(第1番~第4番)
 アラン・シヴィル(horn)/オットー・クレンペラー指揮・フィルハーモニア管弦楽団
 FIC/ANC-162

 このCD,どう見ても「駅売り」CDです。ビックリです。
 ご存知でしょうか?よくKioskや本屋のワゴンセールで売っている1枚315円~1050円くらいのCDです。
 図書館の購入ルートでもこうした駅売りCDを入手できるのか?と思って,図書館の方に聞いたら,一般の方からの寄贈品,とのことでした。寄贈を受け付けているなんて,これまた驚きです。私が死んだら,この図書館に寄贈すること,と遺書に書いておきます。ただし,廉価版が多くて,相手が受け取ってくれるか疑問ですが…駅売りCDでも受け取ってくれるのですから,きっと,私のCDも大丈夫!…だ…よね…。
 しかし,クレンペラーもこうしてクラシック啓蒙のため,一般庶民の手の届くところに置かれるようになるとは…。クレンペラーは予想もしなかったでしょうけれど,少なくとも私にとっては大歓迎です。

 さて,この曲の解説や,クレンペラーの演奏評については,他にもWebサイトがあるので,ググってみてください。
 全体的に,少しゆっくり目で,試験でささくれ立った心を落ち着かせるにはいいかもしれません。
 特に,お目当ての第1番は,クレンペラーが意識的そうしているのか,バイオリンがピアノで始まり,静けさの中から音がわき出てくるような表現をしているので,子供たちには「テレビと違う~!」と不評です。中間部では,主題がはっきりとバイオリンで歌われる箇所があるので,テレビはこちらを抽出して使っているのでしょう。 表情を露骨につけていないので,聴き疲れもしません。私はこの演奏が好きになりました。

 駅売りCD,万歳です。

関連記事

プロフィール

kiroku2011

零細企業勤務中
企画部門在籍中
多数在被扶養者
齢四十而尚惑中

2011年社労士試験合格・登録
2014年特定社労士試験合格
  ・特定社労士付記
2017年申請により抹消

FP2級技能士
AFP
第一種衛生管理者

最新情報