• 今年は60冊行けるか…2015年読書計画
     昨年は,1年で15冊しか読書感想を書けませんでした。 今年こそは100冊,といいたいところ,昨年の結果をふまえて,控えめに60冊を目標と設定しました。 今年初めの読売新聞の4コマまんが「コボちゃん」で,コボちゃんが今年は本を80冊読むと宣言したのを子どもたちが見て,「僕は100冊読む」と宣言したところから,今年の読書がスタートいたしました。 今年は,本を読んだら,簡単なあらすじと,おすすめポイントをみんなで...
  • 一生食べていくのに困らない総務の仕事力(小川陽平)【読書38(H26-15冊)】
    一生食べていくのに困らない 総務の仕事力(2013/02/20)小川 陽平商品詳細を見る これは,本屋でタイトル買いです。かんき出版はこういうタイトル付けが上手です。 あんまりビジネス書は買わないようにしているんですが,総務の仕事の本というのは,これまであまり見たことがなかったので,試しに購入してみました。 総務部門で働いている方々は,ふと自分は他の人達の役に立っているんだろうか,と思ったことはありませんか。 ...
  • 宮沢賢治(吉本隆明)【読書37(H26-14冊)】
    宮沢賢治 (ちくま学芸文庫)(1996/06)吉本 隆明商品詳細を見る この本は,吉本隆明氏が一昨年亡くなった時に,本屋でフェアをやっていてその時に購入したっきり読んでいなかったものです。 しかし,本と音楽は,作者や演奏家,指揮者が亡くなるとフェアをしますね。 それはさておき,この本の主な部分は,宮沢賢治の作風は仏教的,それも当時賢治が傾倒していた日蓮の教えがベースとなっているという主張を,賢治の育ってきた背...
  • 若きウェルテルの悩み(竹山道雄訳)【読書36(H26-13冊)】
    若きウェルテルの悩み (岩波文庫)(1978/12)ゲーテ商品詳細を見る 第46回社労士試験を受験された皆様,お疲れ様でした。どうぞ,ゆっくりお休みください。 さて,読書記録。 近所の本屋で,ささやかな岩波文庫フェアをしていたので,いろいろ有るうちから本書を購入。 確か古本屋でも大量に扱っていたのを覚えていたので,そちらにするかなぁ,と思いつつも新しい本の感触に負けて購入してしまいました。 ウェルテルは,頭がよ...
  • 岩波文庫「古典のすすめ」第1集・第2集【読書34・35(H26-11・12冊)】
      読書にあたっては,仕事や社労士としての知識獲得に直接関係するもの以外,極力古典を読むようにしています。時間という試練をくぐり抜け,現代まで残ってきた作品は,先人たちが,後に生きる私達へ残した「生きるヒント」だと感じているからです。 本来であれば,もっと暇な学生時代に読んでおくべきだったのでしょうが,そういう意識は当時は全くなく,趣味に生きておりました。もっと若いころに古典を読み,心に古典から得...
  • 地下室の手記(ドストエフスキー/江川 卓訳)【読書33(H26-10冊)】
    地下室の手記 (新潮文庫)(1970/01/01)ドストエフスキー商品詳細を見る これまた,古本屋で108円シリーズです。 しかし,ドストエフスキーというのは,どうして,百数十年後に生きている私の嫌な面を知っているのでしょうか。 私の嫌な面を思い切り誇張した人間が主人公。変なプライドと虚栄心「だけ」の人間。 ドストエフスキーの作品を読むと,「負の私自身」を描いているような気になる時があります。 他の方もそうなのでし...
  • ベートーヴェンの生涯【読書32(H26-09冊)】
    ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)(1965/04/16)ロマン・ロラン商品詳細を見る忍従,自分の運命への痛切な忍従。お前は事故のために存在することをもはや許されていない。ただ他人のために生きることができるのみだ。お前のために残されている幸福は,ただお前の芸術の仕事の中にのみ有る。おお,神よ,私が自己に克つ力を私にお与えください!(ベートーヴェンの生涯/ロマン・ロラン著 片山敏彦訳 岩波書店 43頁)この言葉は昔か...
  • 障害年金というヒント【読書31(H26-08冊)】
    誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント(2014/03/20)岩崎 眞弓、白石 美佐子 他商品詳細を見る 本屋を歩いていて,目に入ってきたので買いました。 障害年金制度の紹介と,請求の実際,そして一般の人には使いにくい制度への批判,といったところが主な内容でした。 障害年金の請求マニュアル本ではなく,「障害年金を「まず知ってもらう」ことを第一の目標にした(同書P185)」本です。 特に,請求の実際について,5...
  • はつ恋(ツルネーゲフ・神西清訳)【読書30(H26-07冊)】
    はつ恋 (新潮文庫)(1952/12/29)ツルゲーネフ商品詳細を見る これは,古本屋の100円コーナーで桜の園の隣にあった本です。桜の園と一緒に購入しました。 桜の園を読んだあとだからでしょうか。すんなりと読めました。 私と同じ年頃の主人公が,友人たちに話すため自分の手帳に取りまとめた青春の記憶。年上の女性に恋をしたけれども,実はそれは尊敬する父の愛人だった…。青春とは「全能感」そのものであって「全能」ではない。...
  • 桜の園(チェーホフ・湯浅芳子訳)【読書29(H26-06冊)】
     桜の園,30年越しの出会いと言ったら大袈裟ですが,読もうと思ったきっかけは,中学2年生に遡ります。 当時聞いたYMOのアルバム「サーヴィス」に入っている,三宅裕司率いる「S.E.T.」のコント(そのコント部分に特にタイトルはついていないのですが,私は勝手に「それ知らんかっとンテンチントンシャン」とタイトルを付けておりました。)中,監督(三宅裕司)が求める演技ができない俳優がいうセリフに,「これ,コメディなん...
  • 私の読書法(岩波書店)【読書28(H26-05冊)】
    私の読書法 (岩波新書 青版 397)(1960/10/20)大内 兵衛商品詳細を見る この本は,しばらく前に街の古本屋で200円で買ったものです。紙もほとんど焼けておらず,とても状態の良いもので,奥付のところに,どなたかの蔵書印が押されていました。前の持ち主からバトンを渡されたような気持ちになりますね。 さて,この本は,岩波書店の雑誌「図書」に昭和31年9月から掲載されたコラム20篇をひとまとめにして,昭和35年に発売された...
  • 【読書27(H26-04冊)】数学×思考=ざっくりと いかにして問題をとくか(竹内薫)
    【 Amazon.co.jp 限定】数学×思考=ざっくりと いかにして問題をとくか(2014/04/26)竹内 薫商品詳細を見る 「いかにして問題をとくか」という本は,タイトルのみは知っていますが,その中身は読んだことはないのでわかりません。 今回は,特にいかにして問題をとくかを意識して買ったわけではなく,ざっくりとしたものの考え方・測り方について知りたいと思い書店で購入したものです。 なお,Amazonでは,Amazon限定品として,...
  • 【読書26(H26-03冊)】断絶の都市センダイ ブラック国家・日本の縮図
    断絶の都市センダイ ブラック国家・日本の縮図という,かなり煽っているタイトルですが,「ブラック企業」関係でお馴染みの著者+5名により書かれた,被災地レポート+αです。 表紙には,今はなき「仙台ホテル」が。建物の周りを工事用の壁で囲まれているところを見ると,2010年ごろの写真でしょうか。いずれにしても,震災前の写真ですね。 取り扱っている内容は広いのですが,基本的な主張として「開発主義」という,経済的支...
  • 【積ん読改め読書24・25(H26-01冊・02冊)】哲学入門(戸田山和久)・知の逆転(吉成真由美)
    久々に復活。記録をつけるのが面倒だった,というただそれだけで放おっておりましたが,最近再び読書量が増えてきたので,とりあえずメモ復活,といったところです。年100冊,とまでは行かないまでも,学生時代よりは読んでいるんじゃないかな。でもね,読むばっかりで,読んだ内容が血肉になっていない感じがします。タイトルから「積ん読」を抜いた理由,それは積んでいた本を読まずに本を買ってきて読んでしまっているからなの...
  • 「削除」と「削る」,「又は」と「並びに」,「又は」と「及び」,「その他の」と「その他」,「直ちに」,「遅滞なく」,「すみやかに」…
    昨日のエントリーで,「法令作成の常識」という林修三氏の本から引用しましたが, この本の兄弟本として,「法令用語の常識」,「法令解釈の常識」という2冊も出版されています。 このうち,「法令用語の常識」は,学生時代に「法令作成の常識」とともに購入した本で, こちらのほうが,使い勝手がいいですね~。今なお使っています。 初版が昭和33年,改訂版が昭和37年,第3回改訂が昭和50年,それ以降改定され...
  • 【積ん読解消22】君たちはどう生きるか/吉野源三郎
    新聞の書評をみて購入。   これまた,有名な本なのだが,読んだことがなかった。   ここに出てくる「おじさん」は,大学を出たばかりの法学士という設定で, 私より二回りも年下という設定ですが, 「おじさん」の言葉を読むたびに,私自身の未熟さを感じ得ずにはいられませんでした。   一応,戦前の「日本少国民文庫」のうちの一冊として書かれたようですが, 昔の子供達はこの本を読んで,胸にこみあげ...
  • 【積ん読解消21】銀河鉄道の夜/宮沢賢治
    お恥ずかしい話,読んだことがなかったので購入。 上記写真はAcer aspire one D257の本体カメラによるもの。 可動式じゃないから撮影が難しい。 「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう。」 有名な,ジョバンニがカムパネルラに語る言葉です。   私自身は,もう妻も子もいて,両親も高齢ながらも元気で, 仕事もまずまずで,おそらく一番想像しうるなかで, 最も自分の希望が叶っている状態にあると ...
  • 【積ん読解消20】「病院」がトヨタを超える日
    完全にタイトル買い。   写真は,Acer Aspire one D257の付属カメラで撮影。 ぼやっとしてるけど,まぁ見れるか。   増え続ける医療費。それを抑制しようと,躍起になる当局。 それによって,医療現場が荒廃,崩壊している。 医療業界が収入を得るようにするにはどうしたらよいか。 著者が実践し,上手く行ってる商売の実例,将来像などを挙げ, 医療関係者側からの医療制度のあるべき姿について,提言...
  • 【積ん読解消19】反哲学入門~木田元
    目的を持って購入したのではなく,「新潮文庫の100冊」を眺めていたら,手にとってしまった本。 表紙からして,ちょっと違う。多分,このシンプルさが私の目を引いたのでしょう。 哲学の本はいくらやさしく書いてもらっても,一般読者にはむずかしい。ぼくがいろいろ質問しますから,それに適当に答えてください。そのテープを起こして原稿をつくりますから,それに手を入れてもらって,一冊つくりましょう。 と,新潮社の...
  • 【積ん読解消18】職場でできるパワハラ解決法~金子雅臣
    嫁の職場で,ちょっとしたパワハラ問題が発生しているらしいのです。 詳細は判りませんが,とある部署の責任者が大変に優秀で,ついてこれない部下を叱責している模様。 そんな話を聞いたものですから,こんな本を買ってみました。 詳細については,http://bukupe.com/summary/5376に記載しました。   ただ,聞けば嫁の職場では責任者クラスになっても,責任者研修等が全く行われていないということでしたので,そ...
  • 【積ん読解消17】異邦人~アルベール・カミュ
    前回(【積ん読解消16】ジーキル博士とハイド氏~スティーブンソンhttp://shikaku2011.blog.fc2.com/blog-entry-236.html)では,新潮文庫の100冊2012のYonda?ブックカバーを低コストで入手するため,単価の低い対象商品2冊を購入,そのうちの1冊がジーキル博士とハイド氏だった,という記事を書きましたが,今回は,残るもう一冊について。420円。 異邦人,というと,やはりあの歌を思い出してしまうのですが,今回の話とは全...
  • 【積ん読解消16】ジーキル博士とハイド氏~スティーブンソン
    仕事の帰りに,仕事上の本や,特定社労士の本を買いに,街の本屋へ行ったら,店頭で「新潮文庫の100冊2012」のPOPとともに,ズラッと対象の本が並んでおりました。なかなか壮観です。 【新潮文庫の100冊2012】http://100satsu.com/viewer/index.html それぞれの文庫本の帯を見ると,対象商品2冊お買い上げの方に,もれなく「Yondaブックカバー」プレゼント,とあるではないですか。デザインも結構かわいらしい。 よーし...
  • 【積ん読解消15】仕事と無理なく両立できる 毎日続く勉強法~多田健次
     2012年の年金アドバイザー2級試験も落ちてしまったし,ちょっとしょげております。 逆に考えれば,年金を改めて本腰を入れて勉強するチャンス!でもあるわけで,ピンチをチャンスに変えなければいけないと,自分に言い聞かせております。 まずは,試験主催者から模範解答が送られてきましたので,復習をしようっと! 相変わらずわかりにくい解答なので,自分自身で模範解答の詳解を作ってみようと思います。当ブログに掲載で...
  • 【積ん読解消14】不当な残業代請求のことならこの社会保険労務士に任せたい
     幸いにして,労働基準監督署(以下「労基署」といいます。)の方が会社にお見えになったことはありませんが,突然やってきて,資料を持っていかれて,是正勧告なんてされたら,きっとおしっこチビってしまいます。 是正勧告だけならまだしも,勧告の中で「労働者へ●●円支払え」なんて書かれていたら,おそらく寸分の疑いも持たず,そのとおり払ってしまうでしょう。 この本は,そんな事例を取り扱った社労士7名の体験を取り上げ...
  • 【積ん読解消13】社長は労働法をこう使え!/向井蘭
     タイトルは,上手く労働関係法令の穴をすり抜けるテクニックが乗っているかのような印象を受けますが,内容はいたって「正攻法」の本です。 多くの実例,そして,裁判所側の「感覚」が載っているのが興味を持って読めました。 ところどころ,素人社労士でも「?」と思うところもあるにはありますが,労働紛争の雰囲気等や,経営者が考えていることなどが判りますので,読み物として面白いと思います。 何より嬉しかったのは,...
  • 【積ん読解消12】 「斜陽」/太宰治
    斜陽 (新潮文庫)posted with ヨメレバ太宰 治 新潮社 2003-05 Amazonで探す楽天ブックスで探す図書館で探す (p.176)「今でも,僕を好きなのかい」乱暴な口調であった。「僕の赤ちゃんが欲しいのかい」私は答えなかった。岩が落ちてくるような勢いでその人が近づき,遮二無二私はキスされた。(略)「しくじった。惚れちゃった」とその人は言って,笑った。(略)「しくじった」とその男はまた言った。「行くところまで行くか」「キ...
  • 【積ん読解消11】人間,失格
    人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))posted with ヨメレバ太宰 治 新潮社 2006-01 Amazon楽天ブックス図書館 読み始めた時,手記を書いている葉蔵はまるで自分のことのように思えました。 人との接触を極端に恐れつつも接していたい,道化になることが唯一の道であった…まさに私の子供時代がそうでした。 私だけではなかった!そう思った時の,安心感。 しかし,この気持を得るのは,太宰を読む者に共通の気持ちのようです。太宰...
  • 【積ん読解消10】ケンカに負けないためのたった1つのルール
     ケンカ。 その昔,といっても幼稚園の頃は,クチより先に手が出るタイプだったらしいかったです。今はその面影すらありません。非暴力主義。非服従か,と言われると…ちょっと,服従してますか,ね…。やっぱ「使用者」は強いです…。 オマケに,口喧嘩,討論みんなダメ。もう負けっ放しです。 説き伏せるのも苦手です。納得してもらうのも一苦労。 だったら,開業社労士なんてなれないじゃないか,なんで社労士とったのよ,と...
  • 【積ん読解消9】できる奴とできない奴の違い「段取り力」
     とにかく私は,段取りを考えるのが下手だ,と思っています。 年金アドバイザー2級試験しかり。モチベーションを上げるよう,何らかの方策を考えるべきでしたが,結局なんとかなるさで,試験が終わってしまいました。 先のことはある程度見通せつつも,それに向かってどうしたらいいのかが分からない。 「走りながら考えればいいじゃないか」というアドヴァイスをいただくこともありますが,どうも一度走り始めたら考えられな...
  • 【積ん読解消8】 「対象の中で死ぬ」
     今朝,読了した本は,鷲田小彌太/著 「自分の考え」整理法~頭を軽快にする実践哲学講座(1999年・PHP文庫)です。今は,売ってない本のようです。 前回の【積ん読解消7】でも,鷲田小彌太さんの本を読みましたが,独特の文体(突然口語になったり,著者を俯瞰する第三者が出てきて,著者と会話したり)に加え,真面目と笑いと,少しの皮肉と下ネタで,あっという間に読めてしまいます。気楽に哲学について考えようという配慮な...

プロフィール

kiroku2011

零細企業勤務中
企画部門在籍中
多数在被扶養者
齢四十而尚惑中

2011年社労士試験合格・登録
2014年特定社労士試験合格
  ・特定社労士付記
2017年申請により抹消

FP2級技能士
AFP
第一種衛生管理者

最新情報

ユーザータグ

社労士 紛争解決手続代理業務試験 特別研修 試験 年金アドバイザー グループ研修 年金 中央発信講義 ゼミナール 就業規則 合格 模試 あっせん申請書 aspire 答弁書 弁護士 岩波書店 社労士試験 ネットブック D257 合格発表 賀詞交歓会 勤務登録 名刺 献血 合格率 選択式 倫理研修 官報 育児 社会保険労務士試験 受験番号 宮沢賢治 ぎっくり腰 矢場とん 国民年金 受給資格期間 問題集 倫理 林修三 日程 10年 年の瀬 連合会 民法 日本年金機構 質問 雇用 健康保険 あっせん  勤務 勤務社労士 過去問 体験記 iDE社労士塾 ヴァント ブルックナー ねんきん定期便 介護 ブログ 労基署 特定 裁判外紛争解決手続 個別労働関係紛争 アマチュア無線技士 成年後見 太宰 東日本大震災 acer pc 受験生 新潮文庫 労一 漢検 マス目 答案用紙 レシピ 簡単 ページビュー 地震 所得 住宅 土地 建物 手軽 最低保障機能 年少者 扶養控除 子ども手当 子供のための手当 児童手当 低年金 控除 受給資格 期間 満額 ご飯 確定申告 財政的幼児虐待 高年齢者 受益 スウェーデン インフルエンザ 高齢者 労働審判 労働契約 女子道社 厚生労働省 御神籤 高額療養費 認定証 有給 無給 ケンカ 予期不安 休業 行間 入院時 食事 療養費 生活 億円 ITパスポート試験 権利擁護 総務 是正勧告 行政手続 消費者生活法 軍師 日本漢字能力検定協会 夢メッセみやぎ 介護保険 公益財団法人 行政指導 限度 コンプレックス NHK-FM ギュンター 吉本隆明 多田健次 勉強法 基準 670km バス 事故 日本漢字能力検定 日本語入力 無線LAN one 自炊 PDF wimax starter ボールペン でる順 高橋書店 旺文社 閲覧 全文検索 里神楽 バッテリー AL10B31 asspire 囃子 てんてこ舞い 給料 中途 採用 ボス マッチング ミスマッチ 標準報酬 保険 任意継続 労災保険 富士山 船員 社会保険労務士 穴埋め 問題解説集 記述式 マイナンバー 出張 育児休業 グレースビット 物価スライド ロキソニン 国庫負担 個別延長給付 二事業 中途採用 ITパスポート 雇用保険 雇用調整助成金 CBT おみくじ 退職金 判例 メンタルヘルス 定期健康診断 競業避止 勉強時間 危険物取扱者 大吉 糖尿病 HbA1C 事業主 ビジネスガイド 交換 人見知り ITパスポート 情報処理技術者 委託 初対面 健康 タバコ 登録抹消 面接指導 FP 人脈 あさイチ 業務起因性 確定拠出 パートタイム労働者 厚生年金保険 椎間板ヘルニア 医者 労働政策審議会 読書 限度額 適用認定証 最低保障年金 鷲田小彌太 リレハンメル 長野 クラウス ドミンゴ N響 古関裕而 ヘーゲル オリンピック 賛歌 セシル 65歳 義務 依頼 ワークライフバランス 障害認定基準 障害認定日  規程 高倉健 研究会 ジェネリック 泥縄式 SR 事業継続計画 具体的 自分で考える技術 健康保険限度額適用認定証 コボちゃん 質問力 生計 BCP 事業再開 遺族基礎年金 第3号被保険者 よだかの星 竹山道雄 実務研修受講試験 介護支援専門員 ケアマネージャ 離職理由コード 私の読書法 東海道新幹線 みそだれ グループリーダー 清水幾太郎 蓬来軒 ひつまぶし いかにして問題をとくか 無線局免許状 朝方 石油 冬タイヤ 自己啓発 判断要素 E5系 足切り 救済希望スレ アマチュア無線 受験票 要件事実 実戦模擬問題集 受験案内 社会的損失 ハローワーク 写真店 岩波文庫 井出先生 第7番 バルシャイ WDR MP3 証明写真 文章力 合格者 梅棹忠夫 研修用課題 特定社会保険労務士試験 桜の園 宅建 表現力 三宅裕司 チェーホフ 行政書士 合格基準 紛争調整委員会 吉成真由美 狭き門 腹筋 ドローイン 佐村河内 グラフ 年会費 トラムセット ボルタレン座薬 台風 自宅待機 非常勤講師 付記 合否 特定社会保険労務士証票 厚生年金 知の逆転 修了試験 小学 第4級 戸田山和久 無線従事者免許証 養成課程 血小板 年金2級 今野晴貴 参考書 コミック 税理士試験 六法 電子書籍 QSO 度胸 プラネタリウム ノート ブラック国家 ブラック企業 休暇 高校受験 解答 法改正 年金アドバイザー2級 国家資格 3連休 出不精 入会金 特定社労士 交響曲 ショスタコーヴィチ キリスト教 ハイデガー プラトン アリストテレス オリンピック賛歌 哲学 木田元 NHK BS サントラ 城達也 ローワン・アトキンソン 乙四 ほんとうのさいわいは一体何だろう 銀河鉄道の夜 ドストエフスキー 君たちはどう生きるか 自分自身 谷川俊太郎 選択 公的年金 厚生労働白書 勉強方法 銀河鉄道999 復活 windows live writer ゲーテ CFP zamst 若きウェルテルの悩み 月刊社労士 腰痛 ザムスト LSD 脂肪 伊藤真 紛争解決手続代理 受験 マーラー 古典 ジーキル博士とハイド氏 減量 定期 健康診断 ハートレートモニター 吉野源三郎 黒カビ 裁判所 警察 悪徳商法 依頼主 会場 裁判 年齢詐称 又は 若しくは 夏休み 懲戒解雇 障害年金 データ 女子高校生 平均勤続年数 3月11日 墓参り 男子学生 短大生 案内図 ポジティブ・アクション 女子学生 女子大生 法令用語の常識 ベートーヴェン 失踪 退職 解雇 クリーニング 小麦グルテン パン イデアクラブ 研修会 清掃 ライ麦 エアコン 忍従 労務管理  枝番 法令作成の常識 中小企業診断士試験 中央職業能力開発協会 ロマン・ロラン 後納制度 項番号 ビジネス・キャリア検定 哲学入門