勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    仮眠時間の備忘録

    ちょっと気になったので,備忘。

    ○労働者が具体的な作業に従事していなくても、業務が発生した場合に備えて待機している時間は、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価され、労基法上の労働時間に当たる。
    ○仮眠時間なども、労働から完全に離れることが保障されていない限り、休憩時間ではなく、労基法上の労働時間に当たる。

    ○大星ビル管理事件…警備員の仮眠時間が「仮眠室で待機」「警報・電話等に直ちに対応することが義務付け」→労働時間該当

    ○大林ファシリティーズ事件…住み込みのマンション管理人「平日所定労働時間外宅配物の受渡し等を行うよう指示」「断続的業務に備えて待機せざるをえない状態」→居室不活動時間も労働時間該当

    ○最近:ビソー工業事件…仮眠時間に実務に従事した実績や,仮眠を中断して従事した業務の重要性を考慮→ひとくくりに仮眠時間=労働時間としない。

    特別研修・紛争解決手続代理業務試験(特定社労士試験)で,当ブログへお見えになった方

    いつもご覧いただきありがとうございます。

     私が特別研修や,紛争解決手続代理業務試験を受験してからもう5年が経過しているのですが,私のような失敗談満載の1浪経験者のブログが未だにほとんど見当たらず,日頃閑散としているこのブログも,秋になると特別研修を受講される方や紛争解決手続代理業務試験受験者の皆様に大変ご愛顧いただいております。ぜひこのブログをご覧になり,私のような失敗を繰り返さないよう努力して下さい。

     ただ,皆様にご注意いただきたいのが,ここで紹介している記事があくまで私が受験した当時(第8回特別研修)のことであり,現在の特別研修にそのまま当てはまらない可能性があるということです。どうぞご留意下さい。

     というわけで,特別研修・紛争解決手続代理業務(特定社労士)試験関係でご覧になる方が多い記事を再掲しておきます。参考になるかどうかわかりませんが,私のように決して1浪はしないでくださいね!

    1 第9回紛争解決手続代理業務試験は合格してました。
    2 紛争解決手続代理業務試験で使うボールペンについて
    3 倫理で点数を落とすと大変です。こうなってはダメですよという例
    4 特定社会保険労務士証票届く
    5 特別研修と紛争解決手続代理業務試験向けに購入した本

    社労士試験が終わると特別研修の時期ですか…

    1年はあっという間ですね。

    生活習慣病予防検診ベースの人間ドックプラン

    先日,会社の健康診断を受けてまいりました。

     会社では,協会けんぽの生活習慣病予防健診+付加健診をベースとして,日本ドック協会の人間ドック項目のうち,いくつかをプラスした「日帰り人間ドックプラン」という商品があるようでして,その商品を,どこぞの検診センターと契約しているようなんですが,今年から,おんなじ料金なのに,いくつか検査項目が増加しており,なんだかオトクな気持ちになりました。
     担当者に聞けば,なんと検診センター間の競争があるんだそうで,料金は下げずに検査項目を増やし,お得感を増しているんだそうです。確かに,最近,街のど真ん中のビルに検診センターを設ける機関が多くなっております。いやいや,検診センターも大変だ。

     追加されたもののうちの一つがHbA1Cという,糖尿病の人には当たり前の検査項目で,こいつが高いとヤバイという代物です。

     結果は,基準値を0.1超えて要観察状態。そんなにコメもお菓子も間食も酒も摂取しないんだけどね…。遺伝的なものなんでしょう。

     着々と,老化していると認識した,今日このごろでs。

    たばこと高齢化

    なかなか,飲食店舗内での完全禁煙について,政府と与党歩み寄りができない,とのニュースが流れておりましたが,勤め先は昔から室内完全禁煙で,タバコを吸う人には申し訳ないのですが,喫煙所は屋外,それも屋根なしという過酷な環境にあります。

    入社時からずっとですので,もう20年以上はその場所にある喫煙所,入社した頃は,小さな灰皿を囲んで大勢の人が集まって,台風の日は傘を差し,大雪の日は除雪して,火事が起こったかというくらいモクモクしていたものです。あなた達はなぜそこまでして吸いたいの?と思っていました。

    私自身はもともとタバコは嗜まないので,喫煙所に行くことは多くなかったのですが,そこでしか流れない情報などもあり,よく間接喫煙しに行ったものです。

    しかし,景気低迷による給料減額や社員の高齢化とともに,タバコを吸う人は減少し,今や2名だけとなりました。

    その2名も65歳。今年度いっぱい働いて,年度末で契約期間満了です。


    年季の入った灰皿も,どこか寂しそうに見えます。

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。