社会保険労務士試験を振り返って8 ~5年目その5 模試について1~ 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    社会保険労務士試験を振り返って8 ~5年目その5 模試について1~

     第0回 社会保険労務士試験を振り返って0 ~受験のきっかけ~ 
     第1回 社会保険労務士試験を振り返って1 ~1年目は独学で~
     第2回 社会保険労務士試験を振り返って2 ~2年目からiDE社労士塾通信に。しかし…~
     第3回 社会保険労務士試験を振り返って3 ~3年目・4年目~
     第4回 社会保険労務士試験を振り返って4 ~5年目その1~
     第5回 社会保険労務士試験を振り返って5 ~5年目その2 年間計画~
     第6回 社会保険労務士試験を振り返って6 ~5年目その3 勉強時間の確保・テキスト再利用~
     第7回 社会保険労務士試験を振り返って7 ~5年目その4 テキスト読み~
    ----------
     模試は今回の合格において,かなり大きなウェイトを占めていると思っています。

     ただ,これまでは,教材が多かったために,インプットが中途半端な状態で受験し,インプット作業を並行しながら模試の復習をしていたことから,次の模試までに復習が間に合わず,結局模試が無駄になる,という悪循環に陥っていましたが,教材を少なくした結果,インプットを一通り終わらせた後に受験することができました。

     そのため,模試が終わると,全ての時間を模試の復習に費やすことができ,間違った箇所,あいまいな箇所は,次の模試までに,しっかりと知識として身につけることができました。

     さて,その模試ですが,目的を持って受験しないと全く意味がありません。
     私の場合,以下のような目的を持って受験していました。

     (1) 科目ごとの得手・不得手箇所を知る。
     (2) 各資格学校で「重要」としているポイントを知る。
     (3) 問題の解き方,解く順番,時間配分を研究する。
     (4) 今現在の自分自身の位置を知る。
     (5) その他,試験に関することを研究する(筆記用具の種類,会場に持参するもの,昼食の量,試験中に飲む飲料水の種類等)


    (1) 科目ごとの得手・不得手箇所を知る。

      自分では一通りやった,と思っていても,やはり得意な科目・箇所,不得意な科目・箇所はあるものです。
      模試は,それを知るにはもってこいの場です。問題集のように,すぐに答えを見ることもできませんし。

      まずは試験中。解いていて,ちょっと知らないぞ,あやふやだぞという肢については,?マークを付けました。具体的な単語が判らない場合は,その単語の下に?をつけ,問題の論点が見えないときは,簡単にメモをしてそのメモに?マークを付けました。

      試験後。間違った問題はもちろんのこと,間違った問題でも,その正答率が50%を超えるような問題は,他の間違いより優先的に覚えなくてはなりません。半分の受験生は判っているのですから。

      また,ある論点について,過去問では知っているが,切り口や見方を変えるとまるで歯が立たない,という問題も,早急にテキストに戻り確認する必要があります。

      ?マークを付けた問題の論点,間違った問題の論点は,テキスト確認時に当該個所にマークしていきます。
      一目でわかるよう,赤・青のマーカーではなく,ちょっと派手なオレンジなどでマークすると良いでしょう。

    (2) 各資格学校で「重要」としているポイントを知る。

      模試は,各校の講師が練りに練った問題を使用しているものと私は思っています。
      また,本試験に向けて覚えなければならない重要事項を中心に,過去問をベースとして,過去問の切り口を変えて出すケースが多いように思います。
      なので,模試を復習することにより,重要ポイントを優先的に覚えることができます。重要個所はどこかを常に意識して模試を受験・復習する必要があります。

    (3) 問題の解き方,解く順番,時間配分を研究する。

      これは人それぞれ,やり方があるものです。私の場合は次のようにしました。

     イ 科目の順番・時間配分 

      択一:各科目25分 基安 → 労災 → 雇用 → 社一 → 健保 → 国年 → 厚年 → 労一
         (基本は受講順。但し,労一は統計問題がほとんどで,得点源になり得ないことから飛ばし,
         最後に解いた。)

      選択:各科目5分 基安 → 労災 → 雇用 → 健保 → 厚年 → 国年 → 社一 → 労一
         (基本は問題順。社一・労一は後から)

     ロ 問題の解き方

    択一
    ○ 各科目〔問1〕を一番初めに解かない。各科目に入ったらざっと10問を見て,問題文の短いものから解いていく。

    ○ 各問が「正しいもの」を選ぶのか「誤っているもの」を選ぶのかをはっきりさせるために,問題文の「正しい」「誤っている」に大きく○をする。また問題文が2ページにわたる際は,問題を解く前に,次のページの当該問の始めに「正」「誤」と大きく漢字で書く。

    ○ 各問ともA肢を一番初めに解かない。その問の中で一番問題文の行数の短いものから解いていく。仮にその最も短い行数の肢がA肢だったら,その次に少ない行数の肢から解く。

    ○ 基準となるキーワードには下線を引き目立つようにする(~を含む,~を除く,いろいろな値,~しない,必要はない,いずれの,必ず,行政官職名等)。

    ○ 問題文の最後に,その肢が正しければ○,誤っていれば×,判らないときは△をつける。

    ○ ○の肢がなく,△が2個以上ついた問は,飛ばして後回しにする。その際,後から判るように各問の〔問○〕という表記のわきに大きく△を書き△の中に当該問における△肢の個数を書いておく。

    ○ △と判断するのは,「あれ?」「ん?」「どうかな?」と思った瞬間から1~2秒経っても判らない場合とする。つまり,すぐに回答が出てこない場合は全て△にする。

    ○ 戻って再考するのは,原則として次の科目に移る前とする。ただ,1分程度考えても判らない場合は,飛ばして次の科目に進み,全ての科目を一通り解いた後に解く。

    ○ マークシートにマークするのは,次の科目に移る時にマークする。ただし,未回答の問があるばあいは,マークシートの当該問に対応する欄の問番号に薄く○をつけておく。その後回答した場合は,薄い○を消し,マークする。

    ○ 全ての科目をマークし終わり,マークシートと問題冊子に記入した回答を突合する。突合の結果,ちゃんとマークされていると確認できたら,マークシートを見ながら,マークした肢を逆に問題冊子に転記する。実際にマークされたマークシートからの情報を転記するので,後から「あそこ,ちゃんとAにマークしたかな…」という不安がかなり解消されるうえ,答え合わせもあっという間に終わる。


    選択
    ○ ざっと全文を読む。

    ○ 原則,選択肢を見ない。自分で解く。

    ○ 解いた後に,自分で考えた言葉を入れた形で,全文を読んでみる。

    ○ 選択肢を見て,自分の言葉に最も近い言葉を選ぶ。選ぶ際には,非常に似た言葉を選択肢に並べているケースがあるので,よく確認する。

    ○ 判らない場合は,とにかく飛ばし,次の問題へ移る。

    ○ 聞いたことがある問題なのに判らない,という場合は,本試験では救済されない可能性があるので,試験中でも反省する。

    ○ 労一には救済はありえない,と危機感を持たせ,模試でも死に物狂いで解く。

    ○ 社一・労一は日本語の問題で解ける場合があるので,決してあきらめないこと。

    ○ 全く分からないときは,選択肢のグルーピングも一つの手だが,時間がかかるうえ,自分の場合,結局は絞り込めないケースが多かったので,最終手段とする。


     
    (4) 今現在の自分自身の位置を知る。

     よく「模試の順位は関係ない」と資格学校の講師は言いますが,それは初年度だけに限った話だと思います。
     私も,よくそれを真に受けて,4年目でも上位10%にも入らない状態であるにもかかわらず,「これから,これから」と自分を甘やかしていました。
     しかし,既に初学者よりアドバンテージのある複数年受験者は,そのような意識で模試に取り組んでしまっては,お金と時間がもったいないということに,5年目でやっと気がつきました。
     モチベーションの維持には,模試の順位は気にすべきだと思います。ただ,某資格学校の社長のように,1位を狙い,達成した結果,燃え尽きてしまった,となると,本末転倒です。
     私の場合は,択一式成績で上位7%以内,選択式成績で基準点割れなしの30点以上,を目標とし,どの試験でも「合格確定ライン」をクリアできることを目標としたのです。

     結果は次のとおりでした。

     LEC模試1 ×未達成 択一:54(全国順位235位/4033人 5.8%○) 選択31(社一2×)(全国順位985位/4033人)
     iDE中間模試 ×未達成 択一:50(92位/954人 9.6%×) 選択34(33位/954人)○
     TAC中間模試 ×未達成 択一:46(722位/8004人 9.0%×) 選択33(社一2×)(153位/7925人)
     LEC模試2 ×未達成 択一:49(349位/4033人 8.6%×) 選択36(80位/4016人)○
     TAC最終模試 ◎達成 択一:45(429位/8649人 4.9%○) 選択31(64位/8531人)○
     iDE最終模試 ×未達成 択一:44(93位/1060人 8.7%×) 選択31(社一2×)(131位/1055人)
     LEC模試3 ◎達成 択一:57(236位/4876人 4.8%○) 選択35(266位/4844人)○

     7回中,2回達成することができましたが,そのいずれもが大手の試験でそれぞれ母集団が最も多い試験での達成でした。この体験は,私に大きな自信を与えてくれました。ホームグラウンドであるiDE模試では,一度も達成することはできませんでした…orz

     (5) その他,試験に関することを研究する(筆記用具の種類,会場に持参するもの,昼食の量,試験中に飲む飲料水の種類等)

     次回へ続く…。  
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。