社会保険労務士試験を振り返って7 ~5年目その4 テキスト読み~ 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    社会保険労務士試験を振り返って7 ~5年目その4 テキスト読み~

     第0回 社会保険労務士試験を振り返って0 ~受験のきっかけ~ 
     第1回 社会保険労務士試験を振り返って1 ~1年目は独学で~
     第2回 社会保険労務士試験を振り返って2 ~2年目からiDE社労士塾通信に。しかし…~
     第3回 社会保険労務士試験を振り返って3 ~3年目・4年目~
     第4回 社会保険労務士試験を振り返って4 ~5年目その1~
     第5回 社会保険労務士試験を振り返って5 ~5年目その2 年間計画~
     第6回 社会保険労務士試験を振り返って6 ~5年目その3 勉強時間の確保・テキスト再利用~
    ----------
     前回の記事で,マーク作業をやめ,190時間以上浮いた,ということを書きましたが,ではその浮いた時間は何に使ったかと言うと…寝てました。

     というのは冗談で,これまで,ずっと重要だと聞かされてきたにもかかわらず,時間的な都合によりできなかったことをしました。

     それはテキスト読みです。

     オープン講座で,井出先生は「小説のように読む」とおっしゃっていましたが,テキストにドキドキハラハラがあるわけではありませんので,開いた瞬間,お休みモード突入です。

     逆にいえば,結構労基の判例は好きでした。判例よりも,その裁判が起こった背景のほうがドキドキしてしまいました。あとドラマが作りやすいのは遺族厚生年金とか離婚時年金分割とかでしょうか。


     話がそれました。

     やはり,テキスト読みは面白くないわけです。

     そこで,いわゆる指南本をいろいろ見て,テキストの読み方について調べてみました。
     その中で「これなら」と思ったのが,多田健次さんという方の勧める「12サイクル暗記法」でした。
     その著書「資格試験の合格技術(マガジンハウス/2009)」のなかで「12サイクル暗記法」について説明しています。

     概要をまとめてみますと…,
    1 「高速読み」「中速読み」「熟読」の3種類の読み込み方により,テキストの重要論点を2カ月で覚える方法です。
    2 「高速読み」とは,30分で100ページを読む読み方で,実際にやってみると,マーキングしたところを目で追って眺めている感じで,本当にこれでいいのかな,と思ってしまいます。
    3 「中速読み」とは,30分で50ページを読む読み方で,一生懸命読んでいる感じですが,主としてゴシック体の字を追っかけている感じです。
    4 「熟読」とは,時間に関係なくじっくり読む読み方です。
    5 手順は,「高速読み」を毎日30分します。疲れるので30分以上はダメ,とのこと。これを8回転します。200ページの本であれば2日で1回転ですので,16日間します。
    6 8回転終わったら,「中速読み」に移ります。これを4回転します。これは,30分で50ページですので,200ページの本は16日間かかります。
    7 最後に,熟読をします。


     という流れです。

     してみての感想ですが,まず高速読みで何回も繰り返し見ることで,出てくるキーワードの位置を覚えてしまう,という感覚です。読むというより見るという感覚に近いです。
     速読とは違います。私は速読はできません。
     得意科目であった労働科目は,概ね判るところについては飛ばして見てました。

     そのあと,中速読みをすることで,キーワードの意味,キーワードとキーワードの繋がりが細い糸のように判ってきました。私の場合,中速読みでは,かなり早口にはなりますが,声に出して読んでいました。あまりに速いので「ちゅーだーいしゃおよびかーさんしたきーんがろうれーねんきんきゅうふー(中途脱退者及び解散した基金が老齢年金給付)」とお経みたいに唸っていましたが,頭の中への「残り方」は,ただ読んでいるだけよりもはっきりと残っていました。

     最後に熟読で,キーワードが細い糸から鎖に変わり,しっかりと繋がった感じでした。

     著者は1日30分だけ,と言っていましたが,慣れてくると日に2回くらいしても全く疲れませんでした。

     試験の直前期は,中速読み・高速読みでざっとチェックを行いました。
     中速読みでもテキスト全部を読むのは20時間程度で読むことができます。高速読みに至っては,10時間程度でとりあえず重要個所だけはチェックできます。

     「あと2週間ではテキストなんか全部読めないよ」という不安は,この読み方で解消されました。

     浮いた時間を使い,概ね220時間程度かけて,全てのテキストを12サイクルしました。

     特に東日本大震災で,3月11日からゴールデンウィーク前までは,全く勉強ができませんでしたが,ゴールデンウィークで全科目テキスト読みを行うことができ,その後の勉強へつながっていきます。

     5年目で初めて行ったテキスト読み作業。「一通り見たぞ」という達成感を感じました。
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。