紛争解決手続代理業務試験で使うボールペンについて 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    紛争解決手続代理業務試験で使うボールペンについて

     紛争解決手続代理業務試験も近づくに伴い,ありがたいことにこんな拙いブログへいらっしゃる方々も増えてきております。ありがとうございます。

     さて,試験解答は全て「黒インクの万年筆または黒インクのボールペン」とされ,「プラスチック消しゴムで消せるものを除きます。」とされています。

     答案用紙マス目は,縦横それぞれ約1センチメートル,マス目ではなく字数制限のない問題に対する解答欄の行間も,約1センチメートルでした(参照:第8回紛争解決手続代理業務試験,終了~また来年~?!)。)

     訂正は二重線を引いて修正するわけですが,訂正後の文字も欄内に納めなければなりませんので,当然ながら,記入する字は小さく書かなければなりません。

     ところが,字を小さく(行の半分くらい)書くと,(私の場合ですが)太さ0.5mmのボールペンでは,字が潰れてしまうのです。油性インク・顔料インクともにダメでした。

     いろいろ試した結果,太さ0.3mm0.38mmがちょうどいいことが判りました。

     今も手元に3つのメーカーのボールペンが残っていましたので,書き味などの個人的感想を載せておきます。
     あくまで筆圧高めの私の個人的感想ですので,参考にとどめてください。

    1 ゼブラ サラサ クリップ 0.3mm 黒

     購入当時,3つのメーカーのうち最も値段が安く(100円しませんでした),書き味も三菱鉛筆のシグノに次いで良かったです。試験会場に持って行きました。まとめ買いしたので,仕事でも使ってます。

    2 三菱鉛筆 ユニボール シグノ 0.38mm 黒

     当初,0.28mmを使っていましたが,筆圧が高い私には細すぎて,書いている時に引っ掛かりを感じたので,この0.38mmタイプへ変更しました。書き味は3種類の中では一番だと思います。適度に重さもあり,ボールペンを持っている感覚を意識できます。
     当時,近所の文具屋にはノックタイプがなく,普通のキャップタイプしかなかったので,そちらを使っていましたが,値段はサラサの1.5倍,150円以上した記憶があります。
     これも試験会場に持って行きました。

    3 パイロット ジュース 0.38mm 黒

     値段は150円だったかそれ以上した記憶があります。あまり筆圧を強くしないで軽く書くと,サラっとした感触で書き味がよいのですが,グッと力を入れて書くと,一番引っかかるボールペンでした。私の場合はただでさえ筆圧が高く,試験という緊張状態に置かれた場合はもっと力を入れて書いてしまうことは明らかでしたので,これは試験会場には持って行きませんでした。
     
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。