漢字検定2級 3週間と3日で合格!体験記(受験者は会社員)・その2 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    漢字検定2級 3週間と3日で合格!体験記(受験者は会社員)・その2

    (その1からの続き)

    問題集


    テキスト表紙

     四半世紀近く昔の大学受験の時には,英単語の「頻出度順暗記本」を使って勉強した経験があったことから,漢検の頻出度順問題集はないものかとネットを検索したところ,やっぱりあるんですね~。時は過ぎても変わらないものは変わらないんですなぁ。

     ネットでよく名前が出てきていたのが高橋書店 漢字検定2級 [頻出度順] 問題集だったので,何も考えず通販サイトで注文しました。届いたのが平成26年7月29日。
     さて始めるか,と思い開いてみましたが,少々老眼?が入ってきた目には,フォントが小さい上に行間が狭いことから,バスの中で見難いのです。若い人向けだね,これは

     そこで,やはり現物を確認しないとダメだ,と翌日の仕事の帰りに本屋へ立ち寄り,いろいろ見比べた結果,旺文社 分野別漢検でる順問題集2級 新装四訂版が,フォントも比較的大きい上に,行間が広く見易いことから,購入しました。

     ちなみに,模試問題を除く総問題数は高橋書店が4722問ですが,旺文社は約3500問(自分で数えましたので,概ねの数としました)と1200問以上少なく,時間の少ない私にとって,旺文社に変えたのは良い選択でした。

     なお,勉強時間も少ないことから,問題集はあれこれ手を出さず,この旺文社の本1冊だけしかしませんでした。過去問,予想問題集,テキストの類も買っていません。この本だけです。
    問題構成と対策

     読みと書きだけだと思っていただけに,問題集を見て愕然としました。知らない部首,知らない四字熟語,知らない対義語…そして漢字は読めるけれど「書けない」ことも思い知らされました。「あぁ,あれ,あれだよ~,あの漢字…なんだっけ?」そんな漢字ばかりです。

     漢検2級は,次のような問題構成になっています。

    1 読み(配点 1点×30問)
     短文の中の漢字を読ませる問題。

    2 部首(配点 1点×10問)
     漢字の部首を書く問題。

    3 熟語(配点 2点×10問)
     熟語中の2字の漢字がどのような関係で結びついているかを問う問題。

    4 四字熟語(配点 2点×15問)
     四字熟語中の漢字2文字分が空欄になっていて埋めさせる問題が10問。
     そして意味を問う問題が5問出題される。

    5 対義語・類義語(配点 2点×10問)
     その名のとおり,対義語・類義語を問う問題。

    6 同音同訓異字(配点 2点×10問(5組))
     2つの短文で同じ読みをする異字を書かせる問題。

    7 誤字訂正(配点 2点×5問)
     文章中の誤字を訂正させる問題。

    8 送りがな(配点 2点×5問)

    9 書き取り(配点 2点×25問)

     出題者も,いろいろ問題を考えるものですね。

     とにかく,「漢字を書かせる問題」「漢字を知らないと回答できない問題」「配点が大きい問題」を優先して時間を配分することとしました。具体的には【書き取り】【四字熟語】【同音同訓異字】です。
     特に,四字熟語は半分以上は知らないもので,最後まで苦労しました。

     勉強方法については,これといって特別な方法はありませんが,小学生がやるように,外れた漢字をノートにびっちり書くようなことはせず,外れた問題に限って何度も見返す作業を行いました。あとは指を鉛筆の代わりにして,太ももの上で漢字を書くまね事をして漢字練習の代わりをしました。

     なんとか試験前々日くらいには間違えたところも答えられるようにはなりました。

    試験日当日

     午前中は仕事をして,午後に仕事の格好のまま学習塾へ行きました。子どもとは現地で落ち合いました。
     学習塾へ入ると,先生がニコニコしながら待っていました。私も思わず苦笑い。

     会場,といってもアパートの一室に長机が横2列・縦6列くらい並んでいるだけの小さな部屋に,小学生がうちの子供と子供の友人,そして私の隣の子の3人と中学生が10人近く…そして社会人1名(私)の合計10数名が座り,受験しました。
     中学生が多いのは,3級を持っていると,高校受験の際に提出する内申書の内申点が上がるのだとか。へえ。

     私の隣の男の子(小学3年生位かな)などは,何級だったのか,あっという間に解き終わってしまって,暇そうにしていました。
     かく言う私も,大半の問題は旺文社の問題集で出ていた問題ばかりでしたので,時間が余りました。見なおしたところ,12,3問忘れたあるいは解らない問題がありましたが,正答率80%なら大丈夫かな,と思いつつ試験が終了しました。

     ちなみに問題は回収されました(成績表と一緒に返却されます)。

    結果

    点数
     予想どおりの点数でした。
     アタリマエのことですが,勉強したところは当たってますが,勉強しなかったところは外れてました。
     なお,今回の試験の合格率は22.7%でした。
     
    最後に

     ひねった問題,いじわるな問題はないように感じましたので,1冊の問題集をやりこめば,合格できる試験だと思います。
     問題集で解いた問題がそのまま出てきたのが驚きでした。

     ちなみに子供は合格してました。なんにも勉強してないのに…うらやましい。

     子供の付き合いで受けた漢字検定でしたが,勉強を通して書く力が衰えていることを実感しました。
     本当に簡単な漢字も書けないのですから。この試験を受けて衰えに少しブレーキがかかってくれたらいいのですが。
     できるだけ手で字を書くよう努めていきたいと思います。

     ちなみに準1級,1級は…多分,受けません
     
     (終わり)
    関連記事

    ◆資格スキルアップBlog一覧≫FC2 Blog Ranking
    ◆社労士Blog一覧1≫資格人気ブログランキング
    ◆社労士Blog一覧2≫にほんブログ村 社会保険労務士

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。