障害年金というヒント【読書31(H26-08冊)】 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    障害年金というヒント【読書31(H26-08冊)】


    誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント
    (2014/03/20)
    岩崎 眞弓、白石 美佐子 他

    商品詳細を見る


     本屋を歩いていて,目に入ってきたので買いました。

     障害年金制度の紹介と,請求の実際,そして一般の人には使いにくい制度への批判,といったところが主な内容でした。

     障害年金の請求マニュアル本ではなく,「障害年金を「まず知ってもらう」ことを第一の目標にした(同書P185)」本です。

     特に,請求の実際について,5人の社労士がそれぞれの経験談を書かれており,一般の人には,実に使いにくい制度かが分かります。
     支給する側としては,他の被保険者の保険料を原資としている以上,老齢や死亡といった(死亡だってきっちり確認されるようになったのはここ最近ですが)明確な理由ではない理由で長期に渡り年金を支給するのですから,支給・節級の判断については慎重にならざるを得ないのは理解できますが,最大14種類の書類を不備なく揃える必要があるというのは,あまりに酷です。

     その他,実体験が多く記載されており,私自身も勉強になりました。特に「書類が揃わない時,社労士は探偵になる」を読み,社労士の強みを感じました。
     
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。