特別研修と紛争解決手続代理業務試験向けに購入した本 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    特別研修と紛争解決手続代理業務試験向けに購入した本

     受験者数は減少傾向ですが,今後特別研修を受講する方,紛争解決手続代理業務試験を受験する方向けに,これは買ってよかったな,と思った本を紹介します。

     なお,これらの本を使った時の感想などは,こちら(本は増えるわ,場所はないわ…自炊してタブレット端末に入れると楽なのかなぁと考え始めた件この歳になって,褒められるという機会がないので,素直に嬉しいが…思い切り労働時間計算が間違っていて,私が社長なら絶対顧問契約解消する答弁書となっていた件~グループ研修最終日)にも,記事がありますのでご参照ください。

    1 紛争解決手続代理業務試験の基本書

     おきらく社労士の特定社労士受験ノート(佐々木昌司・著/住宅新報社)

     今のところ,紛争解決手続代理業務試験の基本書はこれしかないと思います。中央発信講義の頃は読んでもピンときませんが,グループ研修を開始すると,なるほど,と思うようになります。最終的には,ここに記載の判断基準を暗記すれば試験に対応可能です。ただし,グループ研修のあっせん申請書や答弁書の作成は,この本だけでは難しいと思います。


    2 グループ研修の申請書,申立書,答弁書作成のための本

     改訂版 個別労働紛争あっせん代理実務マニュアル(前田欣也・著/野口善國・監修/日本法令)

    ☆(2016/6/23)なんと先月,5月24日から 改訂版 個別労働紛争あっせん代理実務マニュアルの「改訂版」が発売されたようです!よかった~!下の感想は,廃刊となった初版本を使った際の感想ですので,御注意下さい。なお,改訂版 個別労働紛争あっせん代理実務マニュアルを購入し,内容を確認した記事を載せていますので,お時間があれば参考までご覧ください(http://shikaku2011.blog.fc2.com/blog-entry-440.htm)。


     個別労働紛争あっせん代理実務マニュアル(前田欣也・著/野口善國・監修/日本法令)


    ☆(2015/9/21)この本は廃盤になったようです。この本の代わりになるのではないかと思われる本を別記事で紹介しておりますので,ご参照ください。

    【以下は,廃刊となったあっせん代理実務マニュアルの初版本を使用した時の感想です。】(2016/6/23注意書き追記)
     申請書・答弁書の書き方ではこの本にお世話になりました。監修者が弁護士なので司法関係者向けの書き方になっているようです。実際,ゼミナールでこの本を参考に作成した,私達のグループの答弁書が使われた際に「この書き方は,読み手に『この人は労働法を知っているな』と思わせる」(ゼミナール時の弁護士の談)と言われました。ただ,司法関係者は「労働契約」より「雇用契約」という民法上の言葉を好むとのこと(同弁護士)で,労働契約部分を雇用契約に修正した覚えがあります。


     労働事件審理ノート〔第3版〕(山口 幸雄,三代川 三千代,難波 孝一・編/判例タイムズ社)

     これも申請書などの書き方の際にお世話になった本です。裁く側の方が編集していることから,「こう書いてね」というお手本のようなものです。また,事件の判断基準が詳しく記載されており,前述の本と合わせると申請書・答弁書の大半は書けるのではないでしょうか。


    3 問題集

     特定社会保険労務士試験実戦模擬問題集(河野順一・著/酒井書店)

     問題演習は,今のところこの本しかないのではないでしょうか。事例問題は様々なパターンで21問,倫理問題は3問あり,やりごたえはあります。ただ,2で紹介した本を見慣れてくると,本書の解答,特に「求めるあっせん内容」を書かせる問題の解答の書きぶりに違和感を感じるようになりますので,その時は自分で解答を直す必要があります。
     様々なパターンによる法的見通しと解決の方向,そして和解契約書の書き方については,この本で十分練習できます。

     ちなみに,過去問は,前述のおきらく社労士の特定社労士受験ノート(佐々木昌司・著/住宅新報社)に載っていますので,購入しませんでした。


    4 その他(なくても大丈夫ですが,あると良い本)

     労働法〔第10版〕(菅野和夫・著/弘文堂)

     言わずと知れた必携書,なんて書くと「んじゃぁお前はちゃんと読んだのか?」と言われると…読んでません。辞書代わりです。考え方について調べるには,この本と次のコンメンタールが良いです。


     新基本法コンメンタール労働基準法・労働契約法 別冊法学セミナー (別冊法学セミナー no. 220)

     これは,便利でした。六法代わりにもなります。前述の菅野労働法より先にこちらを買ったほうがよいかもしれません。

     ビジネスガイド別冊 SR (開業社会保険労務士専門誌)

     毎年2月に出る「別冊3月号」に試験の解答例が記載されます。


     他にも何冊か購入していますが,一番使ったのはこれらの本でした。

    (2014/3/23作成)
    (2016/6/23一部修正)
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。