第9回紛争解決手続代理業務試験は合格してました。 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第9回紛争解決手続代理業務試験は合格してました。

    第9回紛争解決手続代理業務試験合格証書


     やっと信じることができました。

     第9回紛争解決手続代理業務試験の合格証書が届きました。

     今日の夕方,簡易書留で月刊社労士とともに届きました。

     問題の点数ですが…

     気になっていた倫理は,30点満点中22点でした。よかったー。

     事例問題は,全く勉強せずぶっつけ本番で臨みました。おまけに問1で,遅延損害金の表記はしなくてよいと書いてあるのに,遅延損害金の表記をしてしまい,試験会場から帰ってくるバスの中でそのことに気づいたというバカっぷりですが,案の定46点と前回の53点から下がりました。危なかった。

     今回は,合格率も高いとのことですが,おそらくは倫理問題が素直だったからではないのかな,と感じています。

     勉強法とか?うーん,一浪している私ですから,参考になるかどうかはわかりませんが…

     今回唯一勉強した倫理については,
    (1) 社労士法のうち,紛争解決手続代理業務試験に関係する条文を何回も見返して条文番号,項番号と概要を覚えました。社労士には,社労士手帳が配られますから,そこに載っている社労士法で関係する条文にマークし,通勤時に眺めていただけです。
    (2) あとは,社労士の倫理研修テキストの設問を使ってちょっと書いてみた,程度です。

     全く勉強しなかった事例問題については,
    (1) 昨年,各事例別の判断基準をまとめていたメモを作っていたので(整理解雇の四要素とか,明確性とかなんとかかんとか,というやつです。あれをメモにしてポケットに忍ばせておりました。),そのメモを見返しただけです。文章練習は一切しませんでした。

     普通の人であれば1度で済む試験を,前回,今回と2回も連合会にお布施を納め,紛争解決手続代理業務試験を受験するという機会を得ましたが,これから試験を受ける方へ,多分こうすれば一発合格ですよ,という助言を…。


    (1) 問題文はちゃんと読もう。

     →今回,遅延損害金を書かなくてもいいよ,というのに書いた私は,これで減点されていると思います。


    (2) 箇条書き問題は,結局抜き書きするしかないものの,まずまず点数をもらえているようだ。

     →物の本では,ある程度文章をまとめないとダメと書いているものもありますが,2度受けた感じでは,そんなに減点されていないような気がします。


    (3) あっせん手続問題は,筋さえ通っていればある程度点数はもらえるようだ。

     →見通しについては(2)の箇条書き問題の解答から抜き書きで,解決の方向は物の本に書いてあるパターンを当てはめて,そのとおり書いていくのが一番ラクでしたし,点数も貰えているようです。


    (4) 倫理は,とにかく社労士法の条文番号・項番号及び概要を覚えること。

     →2度目の今回は,(4)を集中的に行いました。



     とりあえず,これで社労士関係の試験はおしまい。
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。