社労士がダメだった時と違って,引きずるなぁ。 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    社労士がダメだった時と違って,引きずるなぁ。

     昨日は,しばらく絶っていたアルコールを久々に飲んだものの,あんまり美味しく感じなくて,撮り溜めていたテレビ番組をいくつか見て,眠くなって寝ました。

     一晩経ち,爽やかに起きるつもりでしたが…さっぱり爽やかではありません。

     思い切り引きずってますね~。昨日の試験について。


     結局のところ,「度胸」なんだと。

     問題を見て,記憶がゆっくりとホワイトアウトしていく様を感じておりました。

     どういう意味かというと,昔(今もあるようですが)「せんせい」という,お絵かきおもちゃがありました(写真)。そのおもちゃで,書いた絵をリセットするときに,本体下部についている白いレバーを左から右へゆっくりスライドさせると,そのスライドに合わせて左から右へ絵が消えていくのですが…

     

     昨日の,私の頭の中は,まさにそれでした。

     今まで,覚えてきたものが左から右へスーッと消えていく…そして残るのは真っ白な記憶だけ…。


     今思えば,何を焦っていたんでしょうね。深呼吸をしたつもりでしたが,さっぱりでした。

     
     度胸

     慌てない方法は,大きく2通りの方法があると思うのです。

     ひとつは,現状を受け入れて割り切っちゃう。腹を据えちゃう,というか,ケツをまくっちゃう。

     もう一つは,不安要素を消すための努力を惜しまない,とにかくやれることを納得するまで徹底的にやって,自分を安心させる。


     私の場合,後者タイプで,ケツまくれないんです。いえ,変な意味じゃなくて,慣用句としての意味として。

     なので,心のどこかで不安が残ってると,試験会場で自分を信じられなくなるのです。試験をしているのは自分なのに,おかしな話です。この場合「努力不足でした」という敗戦の弁になります。不安を取り除く努力をしなかった,


     おそらく,この試験でうまく行く人は,前者タイプじゃないかな,と。自分の知識は限られているが,どうこじつけて,何点かもらえるよう構成し直すか,を冷静に考える方。


     どうすれば,前者のような方になれるのか,時々考えていかないと,また同じ事の繰り返しだな,と思うのです。

     うーん,まだ引きずってるな…
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者