この歳になって,褒められるという機会がないので,素直に嬉しいが…思い切り労働時間計算が間違っていて,私が社長なら絶対顧問契約解消する答弁書となっていた件~グループ研修最終日 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    この歳になって,褒められるという機会がないので,素直に嬉しいが…思い切り労働時間計算が間違っていて,私が社長なら絶対顧問契約解消する答弁書となっていた件~グループ研修最終日

     この歳になると,褒めてくれるのは息子くらいなもので…。

     褒められる,承認,というのは,本当に褒められた者のヤル気を引き起こすんですね。

     褒められて,勉強への意欲200%増しです。

     私の属した特別研修・グループ研修のグループでは,グループの各員が自分で答弁書を作成し,メンバー分コピーして持ってきて,グループ研修の際に各自が自分の答弁書について説明し,それに対して先生と各員から意見をもらって,修正していき,最終的なグループとしての答弁書を作成する,という流れで進められており,人数も多くない(一桁)グループだったので,メンバーのうちgoodな答弁書をたたき台にして,それに加除修正を加えていき,提出用答弁書を作る,ということになりました。

     答弁書では,労働者から未払割増賃金と慰謝料をよこせ,というあっせん申請があったので,それに対して使用者がどう抗弁するか,ということを答えるのですが,私の場合,別途支給している役職手当で時間外と深夜の割増賃金はカバーできる,という主張をしておりました。

     ところが…「時間外労働の時間数が少ないよ」とのご指摘が多数アリ。

     「あぁ,分かった。週の法定労働時間をはみ出た分を計算に入れてないでしょ?うーん…。」グループリーダの先生からの指摘が鋭く突き刺さります。

     しまった!思い切り基礎的なところじゃないですか!

     もう,1日の法定労働時間をはみ出たところだけカウントしていって,計算したら役職手当だけでカバーできると答えが出たので,「俺って頭いい??」なんて思って答弁書を書いていった私が恥ずかしい。

     「社長,役職手当でカバーできるって主張すれば大丈夫です。社長に損はさせません。答弁書はもうお任せ下さい!」なんて設問の社長に言っていたら,どうなることやら…。顧問契約クビどころか,損害賠償請求までされかねません。グループ研修という場でよかった。本当に良かった。

     なんて,いろいろ恐ろしい場面を想像していたら,結構時間が経っていて,誰の答弁書のどの辺を使って最終の答弁書を書いていこうか,という話に。

     そこで,グループリーダーの先生が,

     「管理監督者性については,kiroku先生のをそのまま使って行きましょう。」

     えぇっ?ホント?その後もいろいろもったいないお言葉でお褒めいただき,抗弁中,管理監督者性の箇所については,私の答弁書の一部が使われることになりました。
     
     ただ,それだけなのですけれどね…。本当に些細なことなのですが,認められる,ということは,自分への自信になりますね。すっかりこの感覚を忘れていました。

     「仕事はできて当たり前。失敗すれば罰。」の世界に慣れておりましたし,歳を取ると,褒め言葉を他人から言われても,皮肉か社交辞令か,それとも何か下心があるか,と素直に受け取らなくなっていましたから。

     浮かれることなく,来る試験を乗り越えたいと思います。

     ちなみに,答弁書の作成にあたり参考とした本を参考までご紹介します。

     書き方については「個別労働紛争 あっせん代理実務マニュアル(日本法令)」の180ページが大変参考になりました。また,管理監督者性については,「労働法 第9版 (弘文堂)」の284ページや,「特定社会保険労務士試験実戦模擬問題集(酒井書店)」の管理監督者問題の解説(81ページ)が参考になりました。

     また,私は持っていませんでしたが,他の方の多くは「新基本法コンメンタール労働基準法・労働契約法 別冊法学セミナー (別冊法学セミナー no. 220)」をお持ちになっておりました。見せてもらったのですが,労働基準法,労働契約法について,かなり詳細な解説が記載されており,研修中も,これで調べてリーダーの先生の問いに答えていたようです。平成24年9月に発刊されたばかりの新しい本です。
    関連記事

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。