オリンピック賛歌(讃歌) 天は自ら助くる者を助く
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    オリンピック賛歌(讃歌)

     昨日の朝。

     上の子が,なかなか起きてこない下の子を起こすため,突然ステレオの電源を入れ,私のMD(懐かしいですね~MD。今でも辛うじて売ってますが。)を入れて音楽を流し始めました。

     流し始めたのは,私が以前エアチェックした「吹奏楽のひびき」。NHK-FM,2010年11月28日の録音です。

     余談ですが,エアチェックというのは,主にラジオ番組を録音して楽しむことを言いまして,昔はFM番組表専門誌が売っていて,いつどんな音楽が放送されるかを下調べして,タイマー録音したものです。

     お年玉をためて,FM放送専用アンテナを買ったり,チューナーを買ったり,コンパクト・カセットのレコーダーを買ったりしたなぁ。


     話を戻しますが,上の子がMDの音楽を再生し始めたわけですが,私にとっては,マズい音楽が,お隣さんから壁を叩かれてしまうんじゃないかというヴォリュームで壮大に流れ始めました。

     私にとってマズい音楽。悪い音楽というわけではなくて,良すぎて感情が高ぶってしまうのです。

     もう,感動のあまり目がウルウルしてしまう。

     その曲とは…オリンピック賛歌(讃歌)

     レコードジャケットでは「讃歌」ですが,Wikipediaでは「賛歌」になってるので,とりあえず併記しておりますが,あとは賛歌とします。

     オリンピック賛歌は,夏,冬のオリンピックの開会式または閉会式で歌われる歌で,聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

     googleでキーワードを「オリンピック賛歌」として検索すると,出てきます。

     初めて,この曲に震えたのは,1994年のリレハンメルオリンピックの開会式。

     それまで,開会式は冗長で,つまらない,というイメージがあって,ロス五輪以降は見たことはなかったのです(ロス五輪の開会式は夢があってよかったなぁ)。
     バルセロナでも,アルフレード・クラウスとプラシド・ドミンゴが歌ったらしいとは聞いていましたが,当時はあまり興味がありませんでした。その歌った歌が,まさにオリンピック賛歌だったということも当然しりません。

     なので,このリレハンメルの開会式も,夜中に起きていて,テレビをつけていたら,たまたま録画中継番組が流れていただけで,積極的に見ていたわけではないのです。確か,私はその時本を読んでいたような…。

     ところが…五輪旗が運ばれるシーンが出てきたときに,私の琴線に触れるメロディが流れてくるではありませんか。その時初めてテレビを見ます。

     「ん?何だ,この曲は??,オリンピック・オリジナル曲か?」

     そして,メロディがクライマックスに達し,一瞬の静寂の後,可愛い民族衣装をきた女性が,アカペラで独唱を始めるのです(シセルさん,という方だそうです)。

     その声は,大変上手,というのではないのですが,朴訥とした素直な,そしてクリアな声で,雰囲気にぴったりの声なのです。

     「!!!」

     その後に続く児童合唱とオーケストラ…もう,ダメです。こういう展開の曲,弱いんです。

     「サウンド・オブ・ミュージック」見て泣いたクチですので。

     おそらく,番組中,オリンピック賛歌と言ったのでしょうが,そのタイトルを聞かなかった故に,曲のタイトルが何なのか,長野オリンピックまで悩むことになります。


     何がいいのか。

     曲良し,歌詞よし。

     特に,日本語訳詞は,文語調でかっこ良いのです。

     そして,この曲が,第1回オリンピック大会以降,譜面が紛失し,戦後発見されたものの,ピアノ譜だったものを,古関裕而とN響という日本人の手によって復活した話もよし(Wikipedia「オリンピック賛歌」から)…何をとってもよいのです。


     昨日の夜。

     子供と嫁を寝かせたあと,ウイスキーのお湯割りを飲みながら,いろいろ見てみました。

     ネットが発達した今,動画サイトで,過去のオリンピック賛歌を見ることができます。本当にありがたいことです。


     リレハンメルの開会式。シセルの声と児童合唱…素敵です。

     知らなかったクラウスドミンゴのオリンピック賛歌。スペインですが,イタリア・オペラを見ているみたいです。テンポも速い!

     最近のアテネオリンピックの合唱もグッときますね。


     でも,長野の日本語歌詞による児童合唱が一番です…。天皇陛下,お若い…。


     まず,前奏でもう眼の下まで汗かいてます。

     「緑の枝の栄冠を 目指してここに戦う者に 鉄の力と新たなる精神を与えよ」 

     目が汗でいっぱいになってきます。

     「世界の国民(くにたみ) 四方(よも)の国より 聖なる園に 集い来(きた)るは 古き昔の」

     片方の目の堤防が決壊します。

     「永遠(とわ)なる精神の 御前(みまえ)にひれ伏すためぞ」

     日本語訳詞だと,こみ上げ方が違う。酔っ払いながら,泣きました。



     あぁ,オリンピック賛歌三昧。
    -------------
    追記:

    吹奏楽のひびき データ(抜粋)

    ■2010年11月28日(日)

    オリンピック讃歌」コスティス・パロマ作詞、野上彰・訳詞、
    スピロス・サマラ作曲、古関裕而・編曲(3分28秒)(合唱)日本合唱協会
    (吹奏楽)陸上自衛隊中央音楽隊(指揮)斎藤徳三郎
    <日本コロンビア COCP-32564>
    関連記事

    ◆資格スキルアップBlog一覧≫FC2 Blog Ranking
    ◆社労士Blog一覧1≫資格人気ブログランキング
    ◆社労士Blog一覧2≫にほんブログ村 社会保険労務士

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者