2012年02月
    勤務社労士,社労士,特定社労士,紛争解決手続代理業務試験,資格,検定,it,保険,講習,介護,福祉,カウンセラー,社会保険労務士,試験,事務所,合格,求人,衛生管理者,ボイラー,衛生管理責任者,英語,英会話,学習,勉強,発音,年金,受給資格,障害,基金,労災,国保,生活保護

    Entries

    スポンサーサイト

    年金アドバイザー2級試験まであと7日…

     年金アドバイザー2級試験まであと7日。 進捗はと言うと… さっぱり進んでません! まずいなぁ。これは。 この1週間でなんとかせねば。 年金アドバイザー試験でお見えになる方が大変多いのですが, 「年金アドバイザー」というカテゴリーを作っております。 そちらをクリックしていただくと,まとめて年金アドバイザー試験関連の記事をご覧になれます。 参考になれば,幸いです。...

    「財政的幼児虐待」「長生きすれば給付は減る」

     平成24年2月24日 読売新聞・総合面から「世代間格差1億円~社会保障恩恵乏しい若者たち」 国の社会保障負担分(約29兆円)の約半分が「将来世代のポケットに手を突っ込んで」(野田首相)成り立っていることになる。(中略) 高齢者の急増に対し,制度の支え手である現役世代は減り,崩れたバランスに経済の低成長が追い打ちをかける。2005年の年次経済財政報告によると,1世帯あたりの公共サービスなどの受益と,税金などの負担...

    受給開始年齢が上がる?「65歳以上=高齢者」見直し

    65歳は高齢者ではない 平成24年2月22日の日本経済新聞・経済1面から政府は65歳以上を一律に「高齢者」と位置づける現行の定義の見直しに着手する。5月をメドにまとめる「高齢社会対策大綱」で,高齢者も可能な限り「支える側」に回る考え方を打ち出す。 少子高齢化の元では,働ける65歳は,支え手として働き続けてもらおう,ということですね。 高齢社会対策大綱が変更されれば,社会保障や雇用についても,今後国の施策の変...

    スクロヴァチェフスキ/ポーランド放送響のブル8(NHK-FM)

    録音チャンスを逃す 嫁の帰宅が遅い,というので,子供を迎えに行き,帰宅後晩飯を作り始めました。 ラジオを点け,NHK-FMの「ベストオブクラシック」を聞きながら料理を始めたら… 何?スクロヴァチェフスキのブル8?それもご当地ポーランドで!▽スクロヴァチェフスキ指揮、ポーランド放送交響楽団演奏会「交響曲 第8番 ハ短調」 ブルックナー作曲(1時間19分11秒)(管弦楽)ポーランド放送交響楽団(指揮)スタニスラフ・スクロヴ...

    労働契約解説セミナー(厚労省委託事業)

    労働契約セミナーとは 今日は,労働契約解説セミナーなるものに年次有給休暇を取って出てみました。 仕事には直結する内容ですが,労働契約に関するセミナー,それも民間会社に委託されている事業なので,講師も役所っぽくなくて,いつの日か自分でもセミナーを開くとき(一体いつのことやら…)のための参考にもなるかも…なんて思いが強くて,上司にセミナーに行かせて,とは言えなかったのです 先日行ったメンタルヘルスセミナー...

    雇用のミスマッチ解消 - メモ

     平成24年2月20日の読売新聞 34面「暮らしQ&A」から。 岩手県・釜石市で雇用のミスマッチ解消のためのNPOを運営している方の記事。失業者が頼りにしているハローワークの求人情報には,詳しい内容が書かれていないケースが多く,面接に行っても条件が合わなかったということがよくあります。(略)そこで,私たちは事業者や失業者を対象にヒアリングをはじめ巻いた。事業者には,再建に向けての事業計画や,求めている人材を,失...

    オリンピック賛歌(讃歌)

     昨日の朝。 上の子が,なかなか起きてこない下の子を起こすため,突然ステレオの電源を入れ,私のMD(懐かしいですね~MD。今でも辛うじて売ってますが。)を入れて音楽を流し始めました。 流し始めたのは,私が以前エアチェックした「吹奏楽のひびき」。NHK-FM,2010年11月28日の録音です。 余談ですが,エアチェックというのは,主にラジオ番組を録音して楽しむことを言いまして,昔はFM番組表専門誌が売っていて,いつど...

    【積ん読解消8】 「対象の中で死ぬ」

     今朝,読了した本は,鷲田小彌太/著 「自分の考え」整理法~頭を軽快にする実践哲学講座(1999年・PHP文庫)です。今は,売ってない本のようです。 前回の【積ん読解消7】でも,鷲田小彌太さんの本を読みましたが,独特の文体(突然口語になったり,著者を俯瞰する第三者が出てきて,著者と会話したり)に加え,真面目と笑いと,少しの皮肉と下ネタで,あっという間に読めてしまいます。気楽に哲学について考えようという配慮な...

    椎間板ヘルニア

     前回の記事で,ぎっくり腰になった社員(ちなみに61歳)の話をしましたが… お見舞いに行って来ました。 健康保険限度額適用認定証を渡しながら,いろいろ話を聞いてみると…。 やっぱり,椎間板ヘルニアでした。 痛かっただろうなぁ。 私も,6年前に,それも仕事中,デスクワークをしていたら,突然なりました。 力仕事も何もしてません。力仕事が,ほとんど無い仕事なので,業務起因性はないでしょうね~。 普通に座って,...

    65歳雇用義務

     65歳までの雇用義務化について,厚生労働省が労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会に,法案を示しました。 第50回 労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000022toc.html 新聞でも,取り上げたところがあります。 65歳雇用義務、12年かけて導入 厚労省が要綱示す http://www.asahi.com/job/news/TKY201202160214.html やっと去年継続雇用制度を作...

    【積ん読解消7】 思考はアートではなくテクノロジーである

    自分で考える技術―現代人のための新哲学入門 (PHP文庫)鷲田 小彌太発売日 : 1998/02出版社/メーカー : PHP研究所この思考の要の問題を突破するためには,書けなくては駄目だ,といいたいのです。実際のところ,よく考えるための最短コースは,書くことにある,と断言してもいいのです。たくさん読んでも,あれこれ話し合い,議論しあっても,どれほどパフォーマンスを繰り返しても,明晰判明で,ふっくらした説得力を持つ思考に達...

    NHK「あさイチ」 年金特集が続く…

     いろいろと過激発言などで話題になっているNHKの朝の情報番組「あさイチ」。 http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/02/15/01.html 今日は,パートタイム労働者の厚生年金保険加入拡大についての話や,繰上げ,繰下げの話などがあったみたいです。 あったみたい,というのは,ウチの会社のパートさんが言ってたのです。 出勤途中,バスの中で見てきた,とか…。 突然,湯沸室に軟禁されました…。パ「◎◎さん,私の年金ってど...

    【積ん読解消6】 やっぱり「質問」は難しいものだった,と確信できた本

     私の興味や関心と全く関係なく質問をし続けて平気な感性に,私はついに耐えられなくなった。 これは,教育学者として有名な齋藤孝さんの本「質問力~話し上手はここが違う」60ページからの引用です。 自分の息子を,自動車に乗せて塾へ行く途中,カーナビに興味を持った息子から,いろいろ質問されて,イラッときた著者が息子に言った言葉です。 教育者たるものでも,こういう質問には,イラッと来るのだなぁ,と内心ホッとし...

    iDEAジャーナルが届いたのだけど…?

     家に帰ってきたら,届いていたiDE社労士塾の封筒。 とっても懐かしいです! この封筒,以前は毎月のように届いていたのに。 イデアクラブ(iDE塾の卒業生の会)の何か冊子かな?なんて思って開けたら,IDEAジャーナル。 余計に???  なんと…合格体験記が載ったとのこと…。 恥ずかしいこと,この上ないです。どういう基準で選んでいるんだろう…。 みなさんのお役に立てれば幸いです。 ジャーナル1ページ目の「合格への...

    BCPの策定~「完ぺきであるよりも、終わらせる方がいい。」

     最近,事業継続計画(BCP)の策定に携わっています。 以前から,災害時の社員の配備や連絡先,事業再開の道筋・方針については,随分昔から,ざっくりではありますが規定化されていて,東日本大震災でも,ゆるく作っていたお陰で,方針が明確になり,社員各自が方針に則って自主的に行動し,柔軟に対応できた経緯があります(東日本大震災は平日の昼間でしたので,社員が全員社内にいた,ということも一員ではありますが)。 そこ...

    遺族基礎年金~第3号被保険者の死亡

     ビジネスガイド・今月号(平成24年3月号)111ページから。 母親→専業主婦。第3号被保険者だったが,1年前に急逝。 父親→母親の死後,出稼ぎに行ったきり行方不明。 子→中学生。母親の死後父親と同居していたが,行方不明後は祖母が引き取る。 この場合,遺族基礎年金は出るか,という事例。 なお子は,高校受験を控えており,住民票の移動は避けたい,との祖母の要望があります。 答えは,出る,とのこと。 まず,第3号...

    年金アドバイザー2級対策 障害認定日の特例

     2011年試験で出た「障害認定日の特例」。 障害年金の専門家の間では,かなり常識的な内容らしいですが,社労士受験の時は習わなかったよ~。 と,泣き言を言っても仕方ないです。 日本年金機構のホームページを見ると…載ってるんです。 http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index4-1.html ★初めて医師の診療を受けたときから、 1年6ヵ月経過したとき(その間に治った場合は治ったとき)に障害の状態にあるか、または6...

    就業規則で定められた福利厚生制度はフルに使っちゃいけないのか

    今日の日経から。「ワークライフバランス=仕事はそこそこ? 誤解防げ、知恵絞る企業 生産性向上目指す 言葉を言い換え」 何か読んでいて,すっきりしない記事です。 「ワークライフバランス」を企業が推進していったら,定時退社が目的化して仕事がそこそこになっちゃって困る,とか,「育休明けの社員が,制度いっぱいまで短時間勤務をしたいと願い出されて困る」という記事。 制度に対する甘えが出た,とか,制度をフルに使...

    【積ん読解消5】 相手の情報を引き出すための「質問」

     業者との会議の場で「ズバッと質問,ズバッと回答」する人を3回に1度くらいの割合で見ます。 私などは,ぽぉっと見とれてしまう。 その回答が,かなりハッタリをかましているものであっても,よくぞこの短時間で考えたな,と思うくらい。 しかしそういう人は,ハッタリをかます前段として,質問でこちらが要求することをかなり突っ込んで(それも嫌だと思われることなくスマートに)聞いてくる。その技術にも長けている場合が...

    知識は泥縄式で覚えていくしかないんです。

     先日,賀詞交歓会でお名刺をいただき,お手紙を出した方からお返事がきました。 この方は,別の支部の支部長をされている方で,開業して30年近くになる方です。 今の自分の状況をまるでわかっているかのような気持ちのこもったお返事で,胸のうちからこみ上げるものがありました。 「社労士を始めた者は,みな何をどうしたら良いのか判りません。私もそうでした。  問題にぶつかるたび,泥縄式で知識を身につけていけばいい...

    人脈を広げること…恥をかくことばかり

     今月の日本FP協会会員向け冊子「FPジャーナル」に「人脈を広げ,活かす方法」という記事がありました。 ◎ 何のために人脈を広げる必要があるのか,を考える。 ◎ 人脈を広げるには,会話を通じて「その方と長く付き合えるかを判断する必要」があり,合わないと思ったらう無理をすることはない。 ◎ 謙虚さと柔軟さを持ち,かつ意識することが重要。 ◎ 相手と自分のポジション(地位ではなく,業務内容)を確認し,同じポ...

    勤務社労士増加中

    今日,県会の会報が送られてきました。年に二度発行されるものです。「会員の状況」という欄があり,その会報の発行される月初めの登録数を記載しているのですが,勤務登録者数が激増している状況がわかりました。開業 H22/1月 306名 → H23/1月 313名 → H24/1月 318名勤務 H22/1月 119名 → H23/1月 113名 → H24/1月 137名基礎年金の国庫負担じゃないですが,勤務登録が,総数の3分の1を占めそうな勢いで成長して...

    年金アドバイザー2級…これは難しい。国庫負担表

     年金アドバイザー2級の勉強を開始しましたが…これは難しい。 忘れていた知識総動員,そして問題出題者の罠にはまる…この繰り返しです。 おまけに年金アドバイザー問題解説集の解答が,その出題年度で使用した数字そのままで,平成23年ベースに修正されていないので,自分で正解を考えなければならない始末…。 全10問出題され,1問中,小問が3題。小問1,小問2は3点,小問3は4点かな,と思われます。 小問1,2は,...

    初めて取り組むメンタルヘルス対策

     昨日は,国のメンタルヘルス対策研修会に参加しました。 参加者は20名程度。 労働安全衛生法の改正案が国会に提出されており,それが可決されると,精神的健康の検査について事業主に実施が義務付けられることから,国が事業主を対象として研修を行っているようです。 講師はシニア産業カウンセラーの先生で,とてもわかりやすく説明されていました。 内容は,法改正の説明のほか,グループ討議や積極的傾聴法の訓練など,多...

    勤務社労士登録して2月

     勤務社労士登録してから2月が経ちました。 何が変わったか…良くも悪くも自分で自分にプレッシャーをかけている,そんな感じです。 iDE社労士塾の合格祝賀会に出た際に,井出先生から 「まず1年は,社労士会の研修とかセミナーとか…いろんなものに首を突っ込んでみるべきです。 そして1年やってみて,自分の専門分野を決めると良いでしょう。」 とのアドバイスをいただき,いろんなものに首を突っ込んでみてます。 ただ...

    Appendix

    最新記事

    RSSリンクの表示

    プロフィール

    kiroku2011

    Author:kiroku2011
    零細企業勤務中
    企画部門在籍中
    多数在被扶養者
    齢四十而尚惑中

    2011年社労士試験合格・登録
    2014年特定社労士試験合格
      ・特定社労士付記
    2017年申請により抹消

    FP2級技能士
    AFP
    第一種衛生管理者

     

       

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。